2020/07/06
7月17日(土)の飛ぶ魚絵本の会 8月1日(土)の田島征三さんトーク会、どちらも満席になりました。 おいでになりたかった方、ごめんなさい。その他の金土は、ランチタイムはご予約の上、どうぞゆっくりいらしてください。予約先 0465 46 7704
2020/07/05
「飛ぶ魚」では10日(土)からのオープンに向けて、素晴らしい田島征三さんの絵本「つかまえた」(偕成社)の原画展開催に向けて、鋭意準備中です! 原画はほとんど壁に並び、原画作成のための習作、田島征三さんのグッズや本もたくさん届いて、皆さんにお会いするのを待っています。...
2020/06/12
やっと7月10日から、「飛ぶ魚」をオープンします。長いお休み明けの展示は、田島征三さんのできたての新作絵本「つかまえた」(偕成社)の原画展示、そしてこの絵本のために描かれたたくさんの絵の数々を展示販売します。...
2020/06/12
そろそろ外へ動き出せそうな気配がでできたら、すぐ梅雨入り。"はじめての畑"のハーブ達もだいぶ大きくなり、つんでサラダに入れて食べています。お家ご飯も、毎日のリズムを作ってくれる楽しみになりました。ここのところ天然酵母パンに挑戦。なかなか思うようにできないのですが、うん、イマイチ、とおもいながら試食を続けています。パン作りは、待ち時間がしっかりあるので、かえって、片付け仕事とかがはかどったりするんですね。季節の移り変わりとともに、暮らし方も少しずつ変わっていきます。変わらないこと、変えてはいけないこと、と、やっぱりコロナの後は変わらなくてはいけないこともあると思います。それも地球規模に繋がるところで。その見極めをしっかりとして、暮らしていきたいです。 YouTubeでは「ギャラリーカフェ飛ぶ魚 わらべ歌」を配信中です。親子で体を動かしながらわらべ歌を楽しんでいただけると嬉しいです。
2020/05/22
まだまだ新型コロナウィルスの拡大防止のため、思いっきり外へ飛び出すことはできないでいます。「飛ぶ魚」では5月の初めから絵本やわらべ歌を楽しんでほしいと、動画配信をしています。今日からYouTubeで自由に、わらべ歌と絵本の内容紹介がご覧になれます。「ギャラリーカフェ飛ぶ魚わらべうた①」では、布を使った簡単なわらべうた「じーじーばー」「にぎりばっちり」「うえからしたから」そして「たんぽぽ」「さよならあんころもち」と、おなじみのわらべうたも手遊びと一緒にやっています。そして絵本「まゆとおに」の内容紹介もあります。どうぞみて楽しんでくださいね! ステイホーム、いかがですか? さまざまな矛盾を抱えながらの、緊急事態宣言ですがこの地域はまだ実施中です。「飛ぶ魚」もお休み、保育園、図書館の、読み聞かせ、中学校の朝読、などのボランティアも秋まで延期になり、私もほとんどの時間を家で過ごし、その中での毎日の暮らしを楽しむようになりました。数年ぶりに始めた織物、はじめてのオカリナ、畑仕事、など、そしてzoomでのイタリア語など、そしてきょうは何食べたいかな、から始まる料理も前にも増して楽しみになりました。地道に積み上げていく一人ひとりの毎日が、コロナ後の社会を支えるものとなると思います。 もう少し落ち着いたら「飛ぶ魚」のテラスだけではなくて、庭でもお茶ができるようにしたいな、と考え中です。 やっぱり外にいると安心だし、開放感がありますよね。 すてきなこの初夏の日々をどうぞお気をつけてお過ごしください。
2020/04/28
写真は、春から初夏の、あたりの様子です。そして動画発信は、なかなか皆様とお会いできないので、絵本の読み聞かせと、わらべ歌を動画でお見せして、お家で楽しんでいただけたら、ということで作りました。動画は絵本の著作権の関係で「飛ぶ魚」にメールアドレスを登録してくださった方のみに配信していますので、ご希望の方は「飛ぶ魚」あて、メールアドレスとお名前をご連絡ください。現在、1回目と2回目を配信しています。 飛ぶ魚アドレス tobusakana7702@gmail.com
2020/04/07
裏の星が山に時々散歩に行きます。昨日は張り切ってお弁当を作って、丘の上に行きました。ところが頭の上をトビが四羽ぐるぐると回っていて、とても落ち着いては食べられないだろう、ということで、オオシマザクラの木に守られた日陰でたべました。海を見下ろしながらのお昼ご飯というのはあできませんでしたが、青い空の下楽しいプチ遠足でした。...
2020/04/04
5月15日から6月20日まで予定していました動物画家、藪内正幸さんの展覧会を一年延期し、2021年の5月に開催させていただくことにしました。ここのところの新コロナウィルスの脅威は日に日に大きくなり、5月に入っても予断を許さない状況だろうということで、やむなく延期にいたしました。藪内さんの動物の絵本は、生き生きとした動物たちがしっかりと、暖かく描かれていて、だいすきなこどもたち、大人の人たちもたくさんいます。ちょっと特別に素敵な動物の絵を描かれています。5月の綺麗な季節に楽しみにしていたのに、残念でたまりませんが仕方がありません。たのしみにしてくださった方々たちにも、ほんとうに申し訳なく思います。まだ何もわかりませんが、 気持ちよく開催できる日が来るといいな、と願っています。 7月は田島征三展を予定してますが、また、コロナ状況を見て、ご案内させていただきたいと思います。
2020/03/30
寒い日々もまだありますが、「飛ぶ魚」のまわりは、シロツメクサ、スミレが咲き、とりどりの桜や花桃🌸が青い空に映えて、目も心も楽しい季節になりました。でも見えないコロナウィルスの撒き散らす不安から逃れることはできません。「飛ぶ魚」は5月14日までお休みの予定で、今は静かですが、その間の4月11日に「飛ぶ魚絵本の会」を予定していました。テラスで絵本を読んで、庭で大きなシャボン玉で遊べたらいいなあ、と考えていましたが、しかし小さい子どもたちに、お友だちと密接な接触をしないように、とは 無理だなあ、と考えて、今皆さんに呼びかけて絵本の会をするのはやめたほうがいい、という結論になりました。楽しい春のひと時をご一緒に過ごせないのはとても残念です。先ですが6月6日(土)に次回の「飛ぶ魚絵本の会」を予定しています。その時の状況次第ですが、今から楽しみにしています。 今私たちは南の離島、西表島に来ています。誰もいない浜辺で、波の音を聞きながらゆっくりとしています。落ち着いたのんびりとした時間を過ごしたら、また真鶴、湯河原で日々の暮らしに戻ります。
2020/02/15
最終日ということで、たくさんの方がきてくださって、山口マオさんの木版画やドローイングの絵に感心されていました。ランチにもたくさんの方が見えて、カフェは大にぎわいでした。とりわけ、いつも子どもたちが大好きなおもちゃを考案して持ってきてくださる楽しい元保育園の先生がやってくださった、びっくり宝箱や、お箸の手品には、そこにいらした方みんな、口をあんぐり、びっくり!でした。知らない方どおしお話が弾み、楽しいランチタイムになりました。午後からも、いろいろな方がみえて、心楽しいひとときになりました。つくづく湯河原真鶴アート散歩で、お知り合いになれた方々との繋がりが嬉しいと思われる日々でした。小風さちさんが言葉を生み、山口マオさんが描かれたわにわにがどんなに愛されているかが本当によく伝わってきました! 次回の「飛ぶ魚」はちょっと空いて、5月15日から薮内正幸展、あの伝説の動物画家、ヤブさんの、素晴らしい原画が並びます!5月16日午後1時半から、薮内竜太さんのトーク会、あの「冒険者たち」の作者斎藤敦夫さんも、きてくださる予定です。5月16日の午後、ぜひ予定をしておいてください そのまえに、4月11日土曜日AM10時30分より「飛ぶ魚絵本の会」があります。絵本の好きな子どもたちご参加ください。

さらに表示する

お知らせ

コロナの影響で会場をお休みしていましたが、7月10日より田島 征三展の開催を予定しています。