今年はじめての「飛ぶ魚絵本の会」

2月2日は今年はじめての「飛ぶ魚絵本の会」でした。私は年末年始をかけての、足首骨折による入院生活を終えて無事退院、補助装具をつけての歩行はなんとかできるようになりました。ご心配をおかけしました。ランチを2月中はお休みしなくてはならなく、残念ですが、3月にはいったら、また元気に作りたいと思っています。

さて、2日ですが、あさからたくさんの親子連れがいらしてくださり、「飛ぶ魚」は満員。展示中の山本忠敬さんの絵本や、昔話『てぶくろ』、節分にちなんだ『おにたのぼうし』そして『うどんやのたあちゃん』などの絵本や♪こすってこすって♪の童歌を楽しみました。そして「おたのしみタイム」は「マイうどんをつくろう!」子どもも大人もよそってもらったうどんに、おあげ、わかめ、たまご、ねぎ、コロッケ、かきあげなどをトッピング、おなかいっぱい食べてあたたまりました。こういう「うどんパーティー」も楽しいね、とみんなでもりあがりました。

いつも子どもたちと遊んでくれていたスタッフの山田千夏ちゃんがいよいよ4月から保育士さんとして働き始めることになりました。千夏ちゃんは高校生のときから「絵本の会」に来てくれていて、絵本をそれは楽しく読んでくれて、また子どもたちによりそっていっしょにたくさん遊んでくれました

時々私たちはもう保育士さんになっていると錯覚するほど堂に入っていました。これからもお休みがとれるときは、「絵本の会」に来てくれるということなので、楽しみにしています。

 

 

お知らせ

コロナの影響で会場をお休みしていましたが、7月10日より田島 征三展の開催を予定しています。