雨でも楽しかったね、絵本の会!

 ここのところ雨続きの9月。29日土曜日の「飛ぶ魚絵本の会」の日も雨模様。ちょうど展示の絵本「わたしのかさはそらのいろ」(あまんきみこ作・垂石眞子絵 福音館書店刊)の青い傘のように、♪あめがふっても いいてんき♪ の「飛ぶ魚」でした。たくさんの子どもたちが来てくれて、この絵本、とんぽの童歌、赤とんぽの絵本、そして少し長めの昔話『やまなしもぎ』(福音館書店)を楽しみました。少しお話を楽しめる年齢の子どもたちはしーんと集中して聞いていました。しっかりとした構成と耳からきいてことばを楽しめる昔話は、みんなの心をつかむ力があるなあ、といつも思います。

 ♪あかとんぽ♪のわらべ歌はちいさな赤トンボの形をしたものを、歌いながら回していくのですが、小さい子も少し大きな子も、自分のところにとんぽがとまってくれるといいなあ、とわくわくして待っているようすで楽しんでいました。

 そのあとはお待ちかねの「お月見団子づくり」。お月見団子にちょっとくぼみをつけて、それからできあがったお団子に、あんこやきなこをつけてたべました。お団子を丸でなくて♡にしたり三日月にしたりして楽しんでいた子どももいましたね。

 時間のある方はランチを召し上がって午後もゆっくり遊んでいきました。私と丹はキッチンでランチプレートづくりにおおわらわ。ランチが終わるとコーヒー紅茶とデザートの用意。あわただしいだけに「おいしかった」と言ってもらえると、よかったー、とうれしくなります。

 みなさんがお帰りになる頃、来てくださったご近所の方たちのお話に加わらせていただいて、ほっと一息の一日でした。次回は11月17日(土)を予定しています。