読書ボランティアの会

今日は雨降り。読書日和。午前中小田原の梅農家の方で、絵本が好きな方が、垂石眞子さんの絵を見にお友達といらしてくださいました。午後はギャラリーを貸し切りにして、湯河原真鶴の読書ボランティアの方たちと、30日に湯河原図書館で講演会をされるあまんきみこさんの本を楽しむ会をしました。それぞれ好きな本を紹介したり、図書館から大量に借りてきたあまんさんの本を読んだり、お茶とお菓子を食べながらの楽しくすごしました。あまんさんのことをたくさん思い出して、あまんさんの作品をたくさん楽しんで、現実のほかに物語という真実があるのはいいなあ、と思うことが出来たひとときでした。30日は京都から日帰りで来て下さるあまんさん、飛ぶ魚にもよってくださって、垂石眞子さんの『わたしのかさはそらのいろ』の原画もみてくださいます。40年以上もおつきあいくださっているやさしいあまんさんが、来て下さると思うだけで、胸がいっぱいになります。