待望の森洋子展始まりました!

7月13日(金)から「森洋子展」がオープン。絵本『おまつり』(福音館書店刊)のグレーと赤の精緻な鉛筆画の原画が飾られ、また動物たちの声なきことばが聞こえてくる大小のすばらしい絵が並びました。一つ一つの絵の世界に魅せられて、動けなくなることもしばしば。絵本の絵を立体にし彩色されたお面が並ぶコーナーもできました。そのそばには森さんがこの展覧会のためにつくってくださった屋台にあるお魚の釣り堀もあります。梅雨も明け暑い暑い日。うれしいことに初日から2歳前の子どもたちといっしょの親子4組が来てくれました。ギャラリーに入るなり、子どもたちは目線にある「さかなつり」へ。おかあさんといっしょにいっしょうけんめいおさかなをつっていました。いつもながら子どもたちのお世話で大忙しのお母さんたちですが、ランチを召し上がりながら、楽しそうにすごしていかれました。森さんの絵が大好きというご夫妻も真鶴から来てくれて、ゆっくり絵をみて、お茶をされていかれました。いよいよ明日は森洋子さんにより「ショートトークとワークショップ」の日です!今回も湯河原のたんぽぽ作業所の方たちによるオリジナル「お面クッキー」もできて、わくわくの初日でした。