土曜日は「飛ぶ魚絵本の会」でした。

 土曜日はすっかり晴れてあたたかな日でした。「飛ぶ魚絵本の会」にはたくさんの親子が絵本を楽しまれました。今展示中の『わたしのワンピース』(こぐま社)を読んだときは男の子も女の子もうれしそうに聞いていました。こんなふうにほんのり笑ってみんながうれしそうになる絵本っていいですね。終わったら拍手と男の子の「ありがとう」という声が聞こえました。『とんとんとめてくださいな』はみんな身をのりだしてクマの影が見えたときはかたずをのんで見入っていました。そのあとの「お手玉うた」には大喜び。つづいての『やさいのおなか』。この絵本は大受け。「キャベツ!」「タマネギ!」と声が飛び交い、あたったときは立ち上がってぴょんぴょん飛び跳ねて。こんなにさわいじゃったあと、大丈夫かな、と思ったのですが、『うどんやのたーちゃん』、少し長めだったのに、おいなりさんの親子ぎつねとたーちゃんのやりとりを最後まで楽しみました。つづいては「ひとくちうどん」の時間。紙コップはいったうどんにおつゆをいれてもらって、自分でわかめ、ちくわ、おあげをトッピング。「おかわり-」の声がたくさん聞こえました。

 この日は『湯河原真鶴アート散歩』の最後の週末ということもあり、午後もたくさんの親子連れの方たち、「『わたしのワンピース』の絵を一目見たくて」とかけつけてくださったかたたちで、前の日にひきつづき大賑わいの「飛ぶ魚」でした。この二日間ほんとうにきれいな日でよかった。『湯河原真鶴アート散歩』は30日水曜日まで。私たちもいける日は2カ所、3カ所と訪ねていってほんとうにそれぞれ楽しかった! 今年初参加の会場も「たのしかったー。また参加したい!」といってらしたところもあって、訪ねるほうも、会場をひらくほうも、どっちも楽しい11月でした。忙しかったけど!