鹿目尚志展2週目はじまりました。

先週の鹿目尚志さんのトークの感動がさめやらないうちに、あたたかな日のきょう、『鹿目尚志あれもこれも展」2週目になりました。トークの翌週は静かな「飛ぶ魚」にいつもなりますが、きょうも数人の方が展示を見に来られてあとはのんびりの一日でした。実は私は今日は「こどものとも60周年」記念行事が今東京の西巣鴨の「にしすがも創造舎」で行われ、そのプレイベントで『まゆとおに』のまゆシリーズで人気の作家富安陽子さんとお話することになって、東京に行っていました。絵本だけではなく数々の長編物語でも読書離れの子どもたちを魅了する富安さんは、ストーリーテラーとして「語り」でもおもしろくふつうにお話していても笑いが絶えない、楽しい方です。あしたも大磯図書館で「絵本がうまれるとき」のお話をすることになっていて、「飛ぶ魚」にはいられませんが、キーマカレー、満点きんぴら、野菜サラダ、ミカンゼリーと飲み物のランチはしっかり準備して出かけますので、どうぞ鹿目尚志さんのすばらしいパッケージ作品、最新絵本『ポッキーとトム』の原画をお楽しみにいらしてください。あしたの「飛ぶ魚」は丹がひとりでがんばっていますので、どうぞよろしくおねがいいたします。