森洋子さんと「つなぎ絵本」づくり!

森洋子さんが「飛ぶ魚」にいらしてくださった日!森さん(右上の黒いワンピースの方)が原画が展示されている絵本「さがしもの」を生き生きと読んでくださったあと、7人のグループにわかれてつなぎ絵本づくりをしました。紙を折って切って、7ページの白い絵本が人数分できます。それをひとりが一場面ずつかいて、ぐるぐるまわし、1グループ7冊の絵本ができます。みんなつぎつぎにまわってくる自分の番のページに一生懸命絵と文をかいて次の人にまわします。最後は1グループからひとりずつ代表作の発表があり、力作ぞろいにみんな大笑い!5人の小学生たちをまじえての奇想天外な発想に、お互いにびっくり。自分もそこに参加しているのですが、どんな絵本になっているのか、わからなかったりするので。

森さんのてきぱきとした、そしてあたたかい誘導のもと、できあがった絵本を一冊ずつかかえて、参加くださった方たちは「おもしろかった!」といいながら帰って行かれました。ワークショップというのを「飛ぶ魚」では、はじめてで、ドキドキだったのですが、森さんの周到な準備のもとで、おかげさまで、楽しい時間になりました。

小さいころの『わたしの世界』を豊かにお持ちの森洋子さん、どの絵も物語に満ちた、すいこまれるような力をもったものばかり。どうぞ一点ずつゆっくり味わいにいいらしてください。、