降ったりやんだり、の週末

 台風の影響で天候が不安定な週末。先日の安保法案の集団的自衛権をめぐる政府のやり方はひどすぎて、どうしてこんなことが行われてしまうのか、涙が出てきました。自分の無力を嘆くばかりでは何もはじまらないので、日常の中で大切にしたいことを守り、またそれを阻むものへの抗議も表明したいと強く思いました。

 そんな気分で迎えた木曜日でしたが、翌日の「飛ぶ魚」のオープンに向けてのケーキを焼いたり、ロールキャベツトマトスープをつくったり、具だくさんの万能キンピラをつくったりしているうちに、少し落ち着いてきました。

 金曜日には85歳の女性がお二人、おひとりは柿生からお一人で、もう御一方は息子さんと来てくださいました。それぞれ時間もずれて、別々においでになられたのですが、どちらもお元気で好奇心旺盛。お一人の方は作品や風景をたくさん写真に収められ、もう一人の方はピアノで「ひさしぶり」といわれながらトロイメライを弾かれたり、お二人ともご自分の今をあれこれと話してくださって、意志をちゃんと持って自立して生きてゆこうとされている姿勢に励まされました。おふたりともそれぞれに「また来たいです」と言って帰って行かれました。どうぞまた来てくださーい。待っています。

 土曜日は、どなたも見えないので、いつも気になってできないでいたところの整理などをしていたら、午後だいぶたってから、ご近所の方たち、函南から絵本が好きな方たちなどがいらしてくださり、きょうもあけていてよかった!と思うことができました。あしたはお客さんがみえるので、きょうの残りのランチをいっしょに食べようっと! 織茂恭子展は来週、再来週とあと4日です。まだの方はぜひ見にいらしてください。