山口マオさんの絵本、みんなで楽しんでます

「飛ぶ魚」は毎週金曜日、土曜日、山口マオさんの、「わにわに」「あむ」の絵と、「マオ猫」の絵たち、楽しいグッズに囲まれて、うきうきしています。5月はお天気にも恵まれ、いらした方たちは、目の前にひろがる緑の丘や、青い空の中で、ランチやコーヒーを楽しまれながら、ゆっくりとした時間を楽しまれているようでした。

 昨日は飛ぶ魚の「絵本を楽しむ会」でした。小学生たちの参加も多く、2部制にして楽しみました。小さい人たちは『わにわにのおふろ』『あむ』『なぞなぞの絵本』メキシコの昔話『カエルのおよめさん』、そして手遊びなどではじめの30分。その間大きい人たちは庭で梅とり。たわわに実っていた梅はみんなの力であっというまにたくさん収穫できました。そのあとの小学生たちの会では『カエルのおよめさん』『あむとあおいリード』を集中して聞いていました。ランチタイムでは、クルミパン工房さんの「どうぶつパン」が大人気。午後も大丈夫なお母さんたちはドライカレーと種々の野菜のランチと食後の飲み物、ゼリーをゆっくり楽しまれていました。赤ちゃん連れのかた、おおきなおなかのかたも、元気な子どもたちのお母さんも「ほっとくつろげました」と笑顔で帰って行かれました。絵本を媒介に、子どもも大人も、知っている同士も知らない同士も何となく打ち解けて過ごしていらっしゃるようすに、いつもながらこんな日があってよかったな、と嬉しく励みにおもいました。はじめからおわりまで、中心になって楽しいことを考えてくださるKさん、もう保育士さん?とまちがってしまうまさに保育のおねえさん、でもまだ学生のTちゃん、きょうは頼りのMさんのピンチヒッターで、みんなの好きなひつじさんをやってくれて、いつものことですが、ストレートに子どもたちの心に寄り添えるやわらかさに感嘆の、同じく学生のKちゃん、とスタッフのみんなも大活躍でした。次回「絵本を楽しむ会」は7月11日(土曜日)10時半からです。またおもしろく心に残る絵本を用意してお待ちしてます。どなたでもご参加ください。参加費は無料。(ランチ等は別)お申込みは「飛ぶ魚」へ。

 「山口マオ展」は来週5日(金曜日)と6日(土曜日)で終了です。まだご覧になってない方は、ぜひいらしてください。今「飛ぶ魚」はほんとにいい季節です。

 。