幕山も紅葉

今日はすっかり昨日の雨もあがり、青い空に幕山の紅葉した木々が映えてきれいでいい気持ちでした。

昨日は雨降りの東京にいたので、新百合ヶ丘の川崎アートセンターで見たくて見逃していたイタリア映画「グレートビューティー」と「ローマの教室で」を2本立てで見てしまいました。前者は古代遺跡とルネサンスの肉体美の彫像とバチカンを併せ持つ、退廃とエネルギーと神聖さが入り混じる「ローマの今」をニヒルな小説家を軸に、渦巻くように描いて圧巻でした。当然ですが、世界は一色では描けない。後者は高校の現場で、枯れてしまった博識の老教師と、潔癖症の女性の校長先生と、新入りの教育に情熱をもつ若い先生の、三人三様の手の付けようのなさそうな大変な生徒たちとの関係の持ち方を描いた映画です。生徒も教師たちも大変!両方にとって生きることはいつの時代もなまやさしくはないということを思い知らされます。この川崎市のやっている映画館「アルテリオシネマ」はいい映画を封切館のふた月遅れくらいでじゃんじゃんやってくれて、すごくいいです。こんな映画館が近くにあったらいいなあ。『放課後に映画を見よう』というキャッチで、18歳までの『ユースパス』も100円で発行。これがあれば中高生はいつでも500円で映画が見られる!託児のある『バリアフリー上映』も月に2回用意されています! 住民にとって美しい自然は何よりの特典ですが、こういう文化の特典も、多世代の人がともに育ち暮らすにはとても大事と思います。

 さあ、あしたはいよいよ「湯河原真鶴アート散歩」のラストラン! 2011年に亡くなられた大きな大きなモダンアートの画家、元永定正さんの原画をが見られる、貴重な機会です。これからはたぶんそうたくさんは見られなくなる元永さんの絵本原画の展示もあと3日になりました。まだご覧になってらっしゃらない方はぜひ足をお運びください。お待ちしています。