秋晴れの日、「飛ぶ魚」はにぎやかでした

 きょうの「飛ぶ魚」は11時30分のオープンと同時にお客様が来てくださり、つぎつぎにランチを召し上がって行ってくださいました。きょうのスープは鶏肉だんごと里芋がはいったもの、デリはなすときゅうりの揚げたもののマリネとスフレエッグ。飲み物がついて850円ですl

「もういちど、南塚さんの絵が見たくて」という方やゆっくり作品や絵本をあじわっていかれる方たち、遠く伊豆半島の南から来てくださった母子連れ、この方は小学生の時南塚さんの絵本に感想を書いたことがきっかけで、それ以来ずっと絵本を送っていただいていたということで、展覧会に来られて南塚さんの版画や陶板画をごらんになって、ほんとうにうれしそうなご様子でした。

 ずっと南塚さんの絵本が好きだったという読み聞かせをしていらっしゃる方たちもまた見に来てくださいました。ほんとに南塚さんの、おもねるところがない、ひたすら愛らしく美しい絵はたくさんの人を魅了するんだなあと思います。

 昔夢中になって『インド放浪』などの著書の文章と写真に酔いしれた(!)藤原新也さ

んご夫妻もみえました。昔々何かのお集まりで一度だけお会いしたことがあったのを思い出しました。南塚さんの古いお友だちだそうです。30年くらい前のあの時代の自分の内側と外側に満ちていた熱い空気のことを思い出しました。

 夕方までひとりでゆっくり読書されていた方もいらっしゃり、なんだかとても満たされた「飛ぶ魚」でした。「南塚直子展」はいよいよあしたが最終日です! どうぞ南塚さんの銅版画、陶板に会いにいらしてください。お待ちしています!