北海道、そして中学生たち

 行ってきました。久しぶりの北海道。剣淵、旭川、上富良野、札幌。Yさんのおうちに着いたとたん、見渡す限りの広い空、広い地面に今さらながら、感動。北海道は広い!すがすがしくのびのびとした気持ちになって、ゆっくり温泉につかり、懐かしい人たちとつもったおしゃべりをして、忙しい日々に囲まれた中のほっとしたひとときでした。

 「飛ぶ魚」に帰り着いて、おみやげの海鮮すしやイカめしを食べていたら、その夜、中学生3人が東京からやってくるという連絡。え、あしたじゃなかったの?もうすぐ着くというので、あわててふとんやなにやかやを準備。犬と3人が到着。そのあと一人加わり4人は毎日海三昧。といっても曇りや小雨の暗い空の天気だったのですが、さすが元気な中学生。吉浜で波と遊び、琴が浜で魚と遊び、きょうは波が静かな高浦へ。まるでプールのように静かで、透き通った海に入り、魚やウニをみつけては喜んでいました。私も迎えにいったときちょっと海に入ったのですが、思いのほか水温が高く、きれいな海の中を満喫しました。それにしても13歳14歳の少年たちの、元気なこと。たくさん遊びたくさん食べ、夜は温泉と、真鶴のお林での肝試し。小学校の同級生で、みんな中学校が違う子どもたち。大人のようでいて、無心に石投げをする子どもたち。今度はいつ来るのかな。今度はまた少し大人に近づいているのかな。下宿のおばさん状態でちょっと疲れましたが、4人と犬一匹が帰った後の家はがらんとして、足の裏にくっつく砂が彼らの元気のなごりのようでした。

 さあ、夏休みは終わり、今週末は関西出張。南塚直子展は9月19日からです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    岡田英利子 (月曜日, 01 9月 2014 09:07)

    岡田丈生(じょう)の母です。お礼が遅れましたが、今回もお忙しいところ、食べ盛りの大きい男子が3人大変お世話になりまして、ありがとうございました。アナゴのいるキレイな海に連れて行って頂いて、ウニを取って食べた事、本人は初めての肝試しに挑戦した事などなど、とても楽しかったと話しております。とても貴重な経験のチャンスを与えて下さりいつも感謝しております。ご恩返しができずに恐縮ですが、マルコ君にウチにも沢山来て頂こうと思いました。また日記を拝見し私も「飛ぶ魚」におじゃましてみたいと思いました。本当にありがとうございました。