絵本やお茶を楽しんで

 片山健展も5週目。昨日の金曜日は暖かくて、風もなく、テラス席が活躍でした。でも春なので、空気がもわんとしていて、海は冬のようにくっきりは見えませんでしたが、ぱあっとドアをあけはなって空気がとおっていい気持ち。ランチのあとくつろいで、夕方になり、そこで偶然お知り合いに出会ったりしてゆっくりと過ごしていかれた方たちや、東京から来てくださって風景や絵を楽しまれて過ごされた方、山歩きの帰りに寄ってくださった方たち、親子で来てくださった方たちなど、みなさんなごやかに過ごされた飛ぶ魚の午後でした。 今日は雨降りでしたが、元気な子どもたちが来てくれて絵本を読んだり、ピアノを鳴らしたり、一時は大騒ぎ。夕方静かな頃、お一人やお二人でゆっくりされる方たちが見えて、タイミングのよい一日でした。

 いよいよ片山健展も来週の金、土を残すのみです。原画ならではの味わいぶかい絵、、そしてまだ売約済みでない、すてきな絵もありますので、どうぞこの機会に見にいらしてください。

 3月のある日、あのすばらしい木の「ぐりとぐら」を作ってくださった、96歳の斉藤さんがご家族で「飛ぶ魚」に来てくださいました。そしてなんとうれしいことに。くまさんが絵本を読んでくれている木の作品を持ってきてくださったのです。聞いているこぐまたちの後ろ姿の愛らしいこと。くまさんたちのように、みなさんで絵本を楽しめるように、できるだけ、飛ぶ魚の本棚も開架しておくつもりです。